口腔外科

親不知の難抜歯は、
口腔外科医による手術で

 人間の顎(あご)は、食生活の変化からだんだん小さくなっていますが、歯はそれほど小さくなっていません。その結果、口の中では、いろいろな不調和を生じています。人間の永久歯はもともと32本ですが、最近28本しかない人が増えています。このなくなりつつある歯が、親不知(おやしらず)と呼ばれる第3大臼歯(きゅうし)で、この親不知(おやしらず)のせいで、歯並びに影響が出てくることもあります。
既存の歯に影響を与える場合は、人為的に口腔外科医による抜歯をお奨めします。
難しい抜歯ですので、歯科大学の口腔外科を紹介することが多いのですが、当クリニックでは、月1回、口腔外科専門医を招聘(しょうへい)して、難抜歯などの口腔外科手術を行なっています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

佐々木歯科クリニック
〒224-0015 神奈川県横浜市都筑区牛久保西 1-24-41 ヴィンテージビル1階
電話番号:045-915-8585
Copyright(c) 2015- Sasaki Dental Clinic & AMZAK Inc. All Rights Reserved.